♪11月26日出発 〜 26日ミュンヘン着 〜 ミュンヘン市街地へ

11月26日(月)

6:30   長崎駅前出発
8:00   大村空港発 ANA
10:55  セントレア発 LH (乗ったらすぐに時計を8時間遅らせます(実際には、針を4時間進めました)
15:25(ここからは、現地時間)  フランクフルト着
16:25  フランクフルト発
17:25  ミュンヘン着
19:20  ユースホステル着

ドイツ2日目の午後

昼食を済ませて、市街散策へ。
ユースホステルから歩いて5分ぐらいの所に、ロートクロイツという地下鉄の駅があって、そこから、地下鉄に乗って、出発です。 ミュンヘン市街は、クリスマスマーケットこそまだ、始まっていませんでしたが、クリスマスを迎える準備で、町全体が華やいでいました。
セントレア。これに乗ります お世話になったユースホステル

レッスンに、ミーティングに使った部屋。

ペーター教会の塔から
♪11月28日 本番当日

ドイツ3日目

午前中、軽く声出し。 早めに昼食を済ませて。 12:45  お迎えに来てくれたバスに乗って、いざ、スタジオへ。
スタジオはユースホステルよりもはるかに寒くて、地面が凍結していて、転ばないように歩かないといけませんでした。

14:00〜15:00  合唱団のリハーサル
16:30〜18:30  ランスルー
20:00〜22:00  本番

準備していただいた控室には、お菓子や飲み物が準備してありました。 リハーサル後、アンドレ氏にお土産を渡しに。
長崎市から、アンドレ氏夫妻にネクタイとスカーフ。 団からアンドレ氏に、大漁旗。 団から、オケのスタッフの皆さんに、日本画の風呂敷。 それから、団員一人ひとりが描いた、アンドレさんの似顔絵。

その後、ケーキをいただきました。
ランスルー後には、夕食をおご馳走になりました。

本番は、出演者以外はスタジオ内に入られなくて、別棟でテレビで鑑賞でした。
なので、演奏の画像はリハ&ランスルーの時のものです。

スタジオに行く途中の空。飛行機雲が♪

スタジオ内

リハーサル。みんな、制服がまだ、中途半端♪

ランスルー。本番通りの衣装で♪

ランスルー。バックが何ともイイですね

ランスルー。出番以外は、客席で待機です♪

ランスルー。○〜ちん、国際交流中

ランスルー
アンドレ氏。団員一人ひとりと握手でお別れ

なんと、アンドレ氏は子ども達一人ひとりに、15ユーロずつお小遣いを下さいました♪

♪11月29日(木) ノイシュヴァンシュタイン城へバスで!

ドイツ4日目

この日、同行された保護者の方々は、早起きでした。 何をされていたかというと。
今回の旅は幸いなことに具合が悪くなる子がいなくて、それぞれが持参した非常時用のご飯を使う機会がなかったので、そのご飯を集めて、厨房で温めて、厨房からお塩をいただいて、オニギリを作って下さったのです!!!! 130個!!!!!
それを持って、ノイシュヴァンシュタイン城に出発です。
途中、カーブだらけの道で、車酔い続出。 急遽、外の空気ば吸わせんば。 ということで、パン屋さんの前の駐車場にバスを止めて、休んでいると、そこの奥様が、手作りのクッキーを差し入れして下さいました。 酔ってない子達は、大喜びでいただきました♪だんだん、山の中に入っていくに従って、周りの景色が、変わってきます。 アルプス山脈が見えてきた辺りからは、一面の銀世界!!!

バスは途中までしか入れず、その後は、馬車で登りました。 一人5ユーロ。 昨日アンドレ氏にいただいたお小遣いをありがたく使わせていただきました。

馬車待ちのあいだ、さらっさらの雪で、雪合戦勃発。こんな雪、長崎ではお目にかかれないから、みんな大はしゃぎ。
馬車の中では、みんなハイテンション。大声で、いろんな歌をうたいながら、登りました。

先に、お城近くのレストランで昼食をすませてから、お城の中に入ります。 お城の中は撮影禁止でしたが、ワーグナーの歌曲になぞらえたいろいろな部屋を楽しみました。 お城の中もですが、お城から見える景色が素晴らしい。 ここにお城を建てたくなるはずです。

おとぎの世界のようなお城に行って、綺麗な空気をたっぷり吸って、これで、ドイツでの予定は全て終了です。
バスに酔わなかった子達。異常なテンション

バス酔いチーム。パン屋さんの階段でぐったり・・・・・

一番奥にいらっしゃるのが、親切なパン屋さん。ありがとうございました。

ノイシュヴァンシュタイン城をバックに記念撮影♪

Copyright(C) 2004 長崎少年少女合唱団 All rights reserved