開催日時 2005年11月23日(水) 14:00〜
開催地 チトセピア2Fホール (長崎市)

第一部 音楽ア・ラ・カルト

第二部 合唱ミュージカル 「サウンド オブ ミューシック」
構成 ・ 台本 津島 麻子 演   出 赤井 純代
マリア 西岡 聖子 指   揮 小堺 洋子
トラップ大佐 森 睦秀  ピアノ伴奏 末安 奈津子
合唱 長崎少年少女合唱団 ギター伴奏 益田 洋一
コールフルール 衣   装 杉尾 直子
リリック・アンサンブル
長崎少年少女合唱団保護者有志

※画像は本番前日のリハーサル時のものです

  中2団員 花田 絵美梨

11月23日にチトセピアホールでボランティア協会の10周年記念がありました。

10周年ということで私たちはサウンドオブミュージックというミュージカルをさせてもらいました。今回のミュージカルは定演とは違ってほかの団体の大人の人と一緒にしました。
初めての経験だったので戸惑うこともたくさんあったけど最後には大きな拍手をもらえて大成功で終わりました。とてもうれしかったし楽しかったです。

初めての経験でたくさんのこと学ぶことができました。これからも学んだことを毎週の練習で生かしていきたいとおもいます。ホントに成功して嬉しいです。これからもがんばります☆★

  育成会 松尾まさみ

今回、ボランティア協会主催10周年記念『チャリティーふれあいコンサート』に参加させていただき、指導していただいた先生方、衣装を協力していただいた杉尾様、ボランティア協会関係者の方々、又一緒に出演していただいたコールフルール、リリックアンサンブル、ブーゲンビリア(育成会)の方々、西岡様、森様、松村先生そして長崎少年少女合唱団の皆さん、本当にありがとうございました。

夏に、小堺先生よりミュージカルへの参加のお話があり、村上さん、高野さん、松尾と合唱団の育成会より三名参加させて頂くことになりました。初めて楽譜を渡された時は、たくさんの曲目に驚きちゃんと唄えるのだろうかと大変不安になりました。実際に練習に参加しても、なかなか歌詞を覚えられなかったり私は今回メゾというパートに参加させていただいたのですが本当に難しかったです。(いつも音を乱していたと思います。すみませんでした)

練習が進むうちに、動きや振りも入ってきてなかなか覚えきれず戸惑いましたが先生方や合唱団の子供たちがいつも優しく、分りやすいように指導してくださり改めて、これが合唱団のいいところだなと実感しつつ、子供たちの歌や踊りの素晴らしさにいつも尊敬していました。

本番は、とても緊張しましたが、先生や子供たちから励まして頂いたり又、出演される方々とお互いに励まし合いながらステージを終えることが出来ました。緞帳が降りて、皆さんで拍手をして小堺先生や赤井先生のお言葉や涙された姿、一緒に練習を共にして来られた各パートの方々の涙を見て感動で私も涙がこぼれました。

今回こういう貴重な経験が出来たのも、本当に皆さんのおかげだと感謝しております。大変いい経験、いい思い出になりました。改めて皆さんに御礼を申し上げたいと思います。

本当にありがとうございました。


主催 長崎音楽ボランティア協会
後援 親和銀行/長崎県教育委員会/長崎市教育委員会/長崎新聞社/西日本新聞社/朝日新聞社

毎日新聞長崎支社/読売新聞長崎支局/KTNテレビ長崎/NIB長崎国際テレビ/NCC長崎文化放送
NBC長崎放送/長崎ケーブルメディア
Copyright(C) 2004 長崎少年少女合唱団 All rights reserved